明日もキャンプ?

モトキャンパーのブログ?

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
< November 2017 >

2007.09.07 Friday

 スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.03.18 Sunday

 北エン第1戦 

本当はここで、KDX250って言うカテゴリが出来るはずだったのに・・・
残念ながらKDX250はパーツが間に合わず、急遽KLXでの参戦。
しかも、トランポの手配が出来ずに自走での参戦とか出来杉w

朝早くからバイクに乗って寒い中ゴンドーにつき、すぐにTakeさんと合流。
Takeさんは家族みんなで来ていたんだけど、娘さんがぶちかわいかったのはここだけの話w

私があげたカロリーメイトで超ご機嫌な彼女w

そんな彼女ともちょっとお別れ、意外とさっくりレースのスタート時間です。
予定よりも10分繰り上げとか気が短すぎw
それなりにスタートを切って、2周ほど体を温め、さてこれから・・・と思って服を一枚脱いだ次の周、やっちゃいました。

人生初のガケ落ちです(ーー;
ガレた坂を登るセクションだったんですが、そこで景気よくアクセルを全開にしていると、いい具合に飛び出た岩で登り中であるにも関わらずなぜかバイクがジャンプw
気付いたらバイクといっしょにコースではないどこかの下り斜面に張り付いていました(苦笑


写真で見るとなんだか大した事無さげですが、実のところ、30度以上はあろうかという急角度な斜面に張り付いてしまったKLXです。
2時間以上残っていましたが、さすがにガケに落ちたバイクを一人で持ち上げる事も出来ないと判断し、その場でリタイヤ。
レース終了。
で、パドックまでしょんぼりと歩いて帰り、Takeさんの娘さんとわいわい遊んで時間をつぶす。
で、その中でふと思った。
上に引き上げるのは無理でも、下に引き下ろす事は出来るんじゃね?
ってことで、再度ガケ落ちの現場まで戻り、周囲の状況をよ〜く見てみる。
真下にはバイクが走っているのが見える。
と、いう事はだ。
うまい具合にガケを駆け下りれば一人で帰れる・・・ということだ。
そこに気付けば早いものである。
直滑降はさすがに危険なので、ジグザグに降りるルートをあらかじめ下見して、そのルートに沿ってバイクを滑らせて行く。
結局、30分もかからずにバイクはコース上に復帰(苦笑
下ろす途中でエンジンもかけてみたけど、まったく問題なし。
なんだよ、リタイヤする必要なかったじゃんw
とは言え、既にリタイヤ届けは出しているし、ガケ落ちまでしたレースに復帰する気にもなれずに、仕方なくTakeさんを激写。

この写真の地点から数十メートル登ったところでガケ落ちしましたw

まぁ、ガケ落ちはあったものの、一人で何とかしたという自信もついたということで、次戦から「ガケ落ち=リタイヤ」ではないということが確定w
次戦からは、体がイける時はとりあえず行けるところまでがんばってみようと思いますw

2007.09.07 Friday

 スポンサーサイト 

Comment

あらら。
さおけさんも行ってたんだ。

見に行けばよかったよ
ほんと、来ておけば私のガケ落ちが見れたのにw
お疲れでした^^
給油の時に嫁から崖から落ちたと聞かされビックリだったよ。
あの坂はヤバイよね、二回転倒したし。
今回は九州の厳しさを知りました、懲りずに練習して周回数を上げないとね。
本当にお疲れ☆
Takeさんお疲れ。
あの坂はけっこうこける人が多くて有名。
でも、あそこは慣れると意外と簡単。
とは言え、ガケに落ちた人間が言う事ではないですねw

Form





Trackback URL

http://so505i.jugem.jp/trackback/93

初めて観戦する。

20年以上オフロードバイクに乗っているが、エンデューロレースに 参戦したことはあっても、観戦したのは初めてだった。 観戦したのは、『北九州エンデューロ選手権 第1戦』。 過去に一度参戦したことがあるレースである。 元々かなりノンビリしたレースみ..

カワサキ・KDX最新情報

カワサキ・KDXKDX(ケーディーエックス)とは、川崎重工業が製造販売しているオフロードタイプのオートバイである。シリーズ車種として排気量別に数車種が生産されているが、現在では国内販売は行なわれていない。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation