明日もキャンプ?

モトキャンパーのブログ?

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
< June 2019 >

2007.09.07 Friday

 スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.12.31 Sunday

 スタックラリー参戦! 

12月30日に開催された、「第2回 スタックラリー」に参戦しました。
まずは、ラリーを主催したスタックストアの小川社長と、オフィシャルの皆さんへ感謝の言葉。
本当に、楽しいイベントをありがとうございました!
また来年もぜひ開催してください、よろしくお願いします!

さてその、生まれて初めてのラリーでしたが、前夜祭のさらに前から波乱含みのラリーでしたw

波乱その1
マップケースが間に合わない!
実際には間に合ったのですが、出来上がったのが前夜祭の会場でスタート/ゴール地点でもある直川憩いの森公園へ出発する2時間前!
動作チェックなど当然出来るはずもなく、ぶっつけ本番と相成りました。
後々考えれば、これが一番いけなかった。
せめて一回でも動作確認しておけばあんなトラブルに見舞われる事もなかったのに・・・
波乱その2
マップケース制作に時間を取られてタイヤがモタードタイヤのまま!
とてもとてもタイヤ交換まで間に合わないと腹をくくって小川社長に連絡を取ってみる。
「あの〜、モタードタイヤでも大丈夫ですかね?」
「・・・オススメはしないけど・・・ワナも仕掛けてないし・・・何とかなるんじゃない?」
「大丈夫ですかね?」
「あとで『ダマされた!』とか言わないでくださいねw」
的な流れで、モタードタイヤでの出走決定。

波乱その3
トランポの手配ミス!
トランポを借りるつもりでいたのですが、仕事の事とかもあって延び延びにしていたら、いつの間にか前日になっていました(苦笑
で、モタードタイヤなわけだし、自走で行く事に決定。

会場の前夜祭ではおいしい鍋をつつく。
ちょっと失敗したなと思ったのが、あらかじめ買っておいたおにぎりが少なすぎたこと。
実は少しひもじかったですw

ラリー当日、朝の気温は室内で2℃w
外は氷点下4℃でした。
ものすごく寒かったです(ーー;

今回のラリーで唯一撮った当日朝の写真。
周りがしっかりオフロードのブロックタイヤな中、異彩を放つ私のモタード仕様のKLXw
タイヤは完璧に凍っています。
白いのは霜ねw

とにかく寒い中をスタート。
ちょっとウィリーでもしようかなとアクセルとひねると、凍ったタイヤは簡単にブレイクw
朝から超冷や汗でしたw。
しかも、スタートからすぐの橋で車が事故を起こしていました。
状況から見るに、凍結路面で滑って欄干に激突した車に後ろからもう一台が追突した模様。
これはスリップに気をつけないといけないな・・・とか思いながら、アクセル開けたとたんにやっぱりその場でブレイクするリヤタイヤ(苦笑
本当に250なのかとw
地面が凍っていただけですが(苦笑

ラリーは順調に進んで、一本目のダート区間。
とりあえずそれなりに走って自信がでたところで、ロード区間に戻る。
ここで大失敗。
私のタイヤはモタード仕様で、当然ダートは捨ててロードで挽回という事になる。
そんなもんだから、あっさりミスコースw
右に行けとマップに書いているにもかかわらず、しっかり左へ行きましたw
おかしいな、おかしいなと、30分迷って間違った地点に戻ったところで自分の目を疑いました。
もうね、右と左を間違えるなんてどうかしてるよと(苦笑
無事オンコースに戻り、ラリーを続けて行く中で一つのトラブルに気付く。
マップケースだ。
マップを巻き取る軸にゆるみ止めの工夫(通常は、送り側と巻き取り側の軸に輪ゴムをかけるだけ)をしなかったために、マップがいつの間にか送られたり戻されたりで必要なところを走行中に見られない。
おまけに、軸をRピンで留めていたのだが、これが干渉し合って時々引っかかる(ーー;
極めつけは、わざわざ付けたメータの取り付けが甘くてメータがすぐに下を向いてしまう事(ーー;
付けた意味ないじゃん。
結局、マップは分岐点で必ず止まり次のコマを見る事で解決。
メータは純正のメータについているトリップメータを使う事で解決。
わざわざ付けたメータであれば、距離の補正なんかも出来たのに・・・事前準備が押した事による弊害がこんなところででるなんて、レースは厳しいと改めて実感。
そんなトラブルもありましたが、こんなのトラブルのうちに入らない・・・と言うか、それ以上にインパクトがあったのがモタードタイヤw
一本目のダート区間は恵まれていたようです。
二本目以降、ガレ場が増えてくるととたんにモタードタイヤはその真価(?)を発揮し出しました。
とりあえず、真っすぐ走らないw
リヤタイヤが太すぎて、フロントがよけた石もリヤがふんでリヤタイヤとフロントタイヤの軌跡が直線なのに一致しない。簡単に言えば、直線なのに横向いてカウンター当てているw
さらに、登りでトラクションがかからない(当然w
下りで止まらない(これも当然w
コーナーは曲がらない(やっぱり当然w
そんなわけで、いろいろ苦労しながらもダート区間を抜ければこっちのもの。
ターマックでは怖いものなしですw
ココゾとばかり、ガンガンに飛ばすものの、ダート区間でのスピード差を埋めるには至らず(ーー;
おまけに、ダート区間で現れた倒木では自力で突破が出来ない始末。
結局、自力で突破できない区間が3カ所あり、3カ所とも周りの皆さんの助けを借りて突破。
助けて頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
ただ、モタードタイヤの真骨頂であるターマックではもう快適快適。
そんな感じで調子に乗っていたもんだから、追い抜きも大胆すぎるくらい大胆に。
80キロくらいで巡航(あくまでも普通の国道)している前走車を100キロ(やっぱり普通の国道ですw)以上のスピードで追い抜いたり。
ワインディングではリヤをスライドさせながら大外から追い抜いたり。
ほんと、やりたい放題(苦笑
そんなだったので、私が追い抜く時にはずいぶん怖い思いをさせたのではないかと今は反省しています。
私の無理な追い抜きで怖い思いをした人、本当にすみませんでした。

そんなふうに、天国と地獄を行ったり来たりしながら、これ以上ないくらい大変な思いをしながらも、なんとか完走。

とりあえず、今回のラリーで学んだ事をいくつか。
1:準備は大事
2:モタードタイヤで林道を走り抜ける丁寧なアクセルワークとクラッチワーク
3:我慢する気持ち

この3つの気持ち、反省を来年に活かして、ジムカーナ、エンデューロ、ラリーにとがんばって行きたいと思います。

では、皆さんよいお年を!

======04/01/2007追記======
リッキノΩタカーマイケルさん提供の、完走直後の私です。

手に持っているのはカロリーメイト。
お腹すいてたんですw
えらい泥だらけなバイクが激闘を物語る・・・っていうか、その激闘の半分以上はしなくてもいい激闘だったというのはここだけの話w
リッキノΩタカーマイケルさん、写真ありがとうございましたわーい

2007.09.07 Friday

 スポンサーサイト 

Comment

唯一の写真でモタ車浮き過ぎわらたwww
マップとコマ図を見ながらのラリーって本格的で楽しそう!
九州の大自然ならではって感じやねぇ!
遠征で出場!?できるかな!?
>キョウさん
全体マップはなくて、純粋にコマ図のみでのラリーです。
意外と、焦ったりさえしなければミスコースはない感じ。
遠征で出場も全然オッケーだと思うよ。
ただ、このスタックラリーに限って言えば、今年の開催はまた年末だと思うw
あけましておめでとう御座います。
初めまして・・・ではないです。
「スタックラリー」で検索したら、一番上
でしたよ(笑

ネタにしてますのでご覧ください。
私が誰かわかると思います。
http://off-atack.hp.infoseek.co.jp/sansenki/StuckRally/20061230/index.html

掲載してる写真、大きいのBBSにアップしておきましたので、持ってってくださいね〜。
>リッキノΩタカーマイケルさん
あけましておめでとうございます。
スタックラリーの検索、本当に一番上でしたねw
本家を差し置いて一番上でいいのだろうか?(苦笑
写真ありがとうございます。
早速このブログで使わせてもらいますね(^^
かなり暗めで撮っているということですね。

Form





Trackback URL

http://so505i.jugem.jp/trackback/81